保育方針

3552997_s.jpg

 〜保育理念〜

 “子供らしさをとことん追求しよう”

 

子どもらしさって?

・外で元気に遊ぶ力

・興味のあることにはものすごい集中力を発揮する力

・大人が無理と思うようなことへもチャレンジする力

・柔軟な発想ができる力

・与えられた環境で最大限に楽しもうとする力

・喜怒哀楽を素直に表現する力

・底知れぬ体力 等々

これらを存分に発揮できる環境があれば

子どもたちはどんな反応、どんな成長、

どんな姿を見せてくれるんだろう?

それを見てみたい!体感したい!と思っています。

保育者や環境に邪魔されないで

子どもたちが子どもらしくいられる

場所・環境作りをしていきます。

保育者としても一つの挑戦!

子どもたちにとことん付き合い、​遊んで遊んで遊びまくる!!

〜保育方針〜

“なんでも体験!経験!やってみよう!!”

 

体験を通じて結果的に学びを得た場合に経験になる!

体験と経験の積み重ねを子どもたちの財産に!

晴れているときは太陽の光を浴びて暑さを感じ、

雨の日は雨音を聴きながら合羽を着て長靴を履いて水たまりで遊び、

雪の日は雪の感触を楽しみながら寒さを感じ・・・

想像しただけでワクワク!

子どもたちが持っている好奇心や冒険心に身を任せながら

五感をフルに使って子どもたちの世界で様々なことを経験し考え

生きる力に繋げられるようなお手伝いを精一杯したいと思います。

​とにかく遊んで遊んで遊びまくる!

   

こんな時代だからこそ

どんなことがあっても

自分で人生を切り開く力

自分で困難を乗り越えられる力

あらゆる可能性から自分で問題を解決できる力の基礎を

遊びを通して育んでいきたいと思っています。